伊豆土肥桜について

伊豆土肥桜(いずといざくら)は、種苗法によって2007年に登録されています。(15225号)

早春に開花する桜ですが、河津桜よりも開花が早く、栽培種ではもっとも早く開花する桜との説があります。

毎年12月下旬からつぼみがほころびはじめ、1月上旬に開花、2月中旬まで 咲き続けています。花弁が大きく花びら全体が赤く染まり、花梗が長く一枝に6~7個の花をつけます。
河津桜よりも開花が早く花びらの色が濃いピンク、花びらの重なり方が異なります。 満開となると桜の木全体が華やかなピンクで彩られます。

ソメイヨシノなどのお花見とはまた趣が違って、一足早く咲く可憐な桜です。

伊豆土肥桜 ネット画像集

土肥桜の様々な写真がネット上にあります。行きたいポイントの手がかりにしてみて下さい。

土肥内の観光施設 土肥金山では、伊豆土肥桜の咲いている1月中旬から2月上旬に、

園内を夜無料開放しライトアップも行っています。

2019年は1月19日(土)から2月3日(日) です。

また、1月20日から2月3日は土肥桜祭りで松原公園前を始め、

土肥のあちこちでイベントが開催されます。